STORY>>はじめに



 日記のほうでたびたび出てくる『息子たち』という単語。
 以下はその説明です。参考にどうぞ。 

■はじめに

 お話を作ることは小さい頃から好きでした。
私が空想お話の世界はたくさんありますが、そのなかでも長年に渡り考え、練ってきたstoryが1つ、あります。
 それがこのページで私が展開する世界です。

■物語の世界観

 はるか未来。
 人類は太陽系の端までたどり着き、太陽系果てまで勢力を伸ばしました。
 民族はますます混在し、国家の連合組織が発達。その力はすでに国家を凌いで久しく、世界政府として君臨しています。しかしそれゆえに国家は個人のアイデンティティと深く結びつき、力を失ってはいません。
 貧富の差は存在しつづけ、先進国と発展途上国の分類も、構成する国の変化は兎も角、残されています。
 一部の知識人が政治を動かす状況もそのままで、国家間の戦争も内乱も撲滅されず。
 医学は発達し過ぎて、様々な法が研究を規制しています。
 一時は悪化し、破滅への道を行くしかないと思われた環境も、何とか維持して21世紀のレベルまで持ち直した時代。
 そんな、現在に限りなく似ている世界。

 それがこのSTORYの世界観。

■舞台

 時代は暦900年代。
 登場人物の大半が暮らす場所は、地球、南極の大地深くに広がる、アンタークティス地下都市という場所。
 地球と月、火星を支配圏にする地球政府は、通称『国連』と呼ばれ、拠点をこのアンタークティスに置いていました。
 既に国連の統治は数百年続いています。しかしその時間は確実に組織の老朽化をもたらし、時代に沿った法の改正もままならぬ状況に。

 そんな国連に危機感を抱いた一人の若者が、改革に乗り出しました。
 彼の行動から始まる環境の変化の中、アンタークティスで生きる人々の姿をこの話では扱っていきます。

■構想

 この物語は約100年、この改革を起こしたルカから始まる、4世代に渡る長編です。
 もちろん100年の間には、活躍する人も、状況も変わっていく。
 ですからその100年間を、特徴ある区間により分類して、章として扱いました。
 章名はその時代の呼称とも言うべきもので、作品中では出てこない単語です。
 しかし、この区切りは、誰が活躍する時代か、把握する目安となると思います。

章名世代期間
Utopia第一世代活躍の時代 暦930年代〜960年頃
Arkadia第二世代の成長期  暦960年〜280年
Paradice第三世代の青春期暦930年代〜250年代の終わり
illusia第二世代活躍の時代
第三世代の成長期
暦993年代〜1030年代
Lastia第三世代活躍の時代 暦1030年後半

※ちなみに、
 第一世代・・・ルカ・シルビアン・タチアナ・ラルフといった、暦920〜930年代生まれ
 第二世代・・・レビィ・ウォルターセリシオといった、暦940〜960年代生まれ
 第三世代・・・レオナルド・カルラ・ラスト・ヴェルジェといった、暦970〜980年代生まれ
 第四世代・・・第三世代の子ども世代の、暦990〜1010年代生まれ
です。

+INDEX+
(C)kuon 2005- All rights reserved.